こんにちは、シュンです!

3/30Festa 6th Anniversary Liveがありました!

このLiveFestaが毎年行なっている周年ライブで、

個人的には2回目の参加です!

普段Jazzを歌っている僕は、

今回の目玉企画の一つとして「Jazzを歌ってみよう」

という企画を作りました!

普段カフェやレストランで何気なく聴いているJazz

それを聴くのではなく、歌ってみる。

Jazzはあらゆる音楽の基礎になっているし、何よりもっと身近に感じてもらいたい。

そんな想いで、今回はスタンダードナンバーの「Fly Me To The Moon」「L-O-V-E」の2曲を選び、特徴でもある、バンド紹介、テンポ出しに加えMCにもチャレンジしていただきました。

僕の心配とは裏腹に、みなさん圧巻のステージパフォーマンス!

みなさん一人ひとりの努力や思いがいっぱい詰まった演奏でした!!

聴いていたお客様から、「Jazzっていいね!歌ってみたい!」とお言葉をいただきました(^^)

この企画だけでなく、

みなさんそれぞれの曲でも、歌はもちろんですが、ステージングにもこだわっていて

たくさんのチャレンジがあったように思います!!

一人ひとり本当に輝いていました!

今回のライブでうまくできたこと、

逆にできなかったことを生徒さんから色々聞きました!

みなさん本当に意識が高く、次回のLiveへの期待が高まりました!!

本当にお疲れ様でした!!!

【歌のワンポイントアドバイス】

~喉に力を入れず、お腹から声を出す!~

ライブではどうしても、バックの音に負けないように声を出そうとして、

がなって大きい声を出そうとしてしまう。

結果、声を出す体力がなくなってしまったり、声を潰してしまいます。

そんな時、どのように歌えば良いか。。

それはしっかり複式呼吸を使って、

お腹から声を出してあげる。

高い声を使うときにはどうしても喉を使ってしまいますが、

できる限り喉の力を抜き、お腹に力を入れて声を出していきます。

それだけでも声を持続して出せるはずです。

発声の基礎を作っておくことは、

不安要素を減らし、ステージングや歌詞のことを考える余裕にもつながります^_^

体に覚えさせる為に、日々の積み重ねが重要だと僕は思います!!

2019年、まだまだこれからライブやイベントがたくさんあります!!

盛り上がっていきましょう!!