こんにちは!sincoです。

最近ミュージカルの曲を歌う方が多くて、そこで一つ問題になるのが・・

歌詞がもやっとする。

POPSはリズム先行型の歌が多くなってきたので、発音があいまいでも結構乗り切れちゃいます。

しかし、ミュージカルは「歌う+話す」なので歌詞のクリアな発音は必須!!

言葉がしっかり聴く人に伝わるようになりたいですよね!

 

今日は歌詞はしっかり伝わるための発音ポイント!

 

〇なんで歌詞が伝わらない?

歌詞が伝わらない原因は多種ありますが、

・正しい口の形になっていない

・音の高低により発音が崩れる

・そもそも言葉が難しくて発音できない

・リズムに乗せて言葉が言えない

などなど。

それぞれに意識することは異なりますが、一番多くかつ発音が良くない大元の原因が「言葉のどこを意識しているか」と「表現力」です。

 

〇子音+母音をきちんと意識!

ご存じ、文字は「子音+母音」で出来ております。

歌においては

子音=言葉

母音=音

で成り立っています。

 

母音はレッスンの発声練習でもよく使うので意識することは多いかもしれません。

音を作る要素なので母音の口の開きを正しくする必要があります。

最近のレッスンでは母音が口の中でどの位置で発音しているか、を注意してもらっています。例えば「お」は軟口蓋の壁に向かって、などです。

また、母音は話すうえでは「言っている」と感じることは少ないと思います。

歌の中では徹底して母音を出す意識をしてほしいです。

「いつまでも」という歌詞だと「いい・つう・まあ・でえ・もお」と歌う意識が音をクリアにしてくれます。

一方、子音はボイトレでは意外に練習する機会が少ないと思いますが、たまにじっくりやると「あれ、この行実は苦手かも!」という発見があります。

言葉を作る要素で、子音は息使いが非常に大切になります。

例えば、か行は破裂音。口の奥、軟口蓋と舌のつけ根がついてから離れる時の勢いで発音します。

このように各行により口の中と息のコントロールが必要になります。

一度50音をゆっくり言ってみて(この際に楽な音より少し高めが良いです)発音が崩れている行があれば、口や息量のコントロールをしながらはっきり発音できるようにしてみましょう。

 

〇表現力!イメージ!

歌の中でも、言葉はそのものをイメージし、言葉通りに歌うと相手に伝わりやすくなります。

例えば「びっくりした」という歌詞があります。

「びっくり」と歌う時に、単純に音にだけ合わせて歌っていませんか?

会話だと驚き度合いにより、「びっっっっっくり!」といいますよね、歌でもそういった表現を入れてあげましょう。

「広い」「大きい」などはその言葉のように、距離感を感じながら歌うとよいです。

「悲しい」などの歌詞は、本当に悲しさを表現するか、悲しいのをぐっと秘めているのかにより表現が変わってきますね、歌詞のストーリーから判断してみましょう。

 

 

〇まとめ

発音練習は自分ではわからないことが多いので、是非とも録音して繰り返しやってみてくださいね!

大好きな歌詞を聴いている人にも伝わるようなクリアな発音を目指しましょう!

 

sinco