はいさーーい!!!

段々夏が近付いてきました!

先日沖縄に行って、肌が焼けてもう夏気分のインストラクターのchikaです( ˃ ⌑︎ ˂ )

前回、発声するときの大事な器官についてご紹介していきました!

鼻と口の中の器官は、とっても重要なのです。

声質や発声にかかわる器官の名前、覚えましたかー?

今回は、喉頭と咽頭といってのどに近い部分の器官をご紹介したいと思います!!

喉付近の器官

・喉頭

のどの中心にあり、硬い軟骨で囲まれた喉頭の中に声帯がある。呼吸の量を調節して声をつくる器官。舌の奥で口腔と気管を繋いでいる。

・声帯

声帯は、一対(二本)のヒダ状のもので、喉仏の内側にある。声の原音がつくられる重要な器官。筋肉でできた声唇と粘膜で出来ている。呼吸の量を調整して、声帯を開閉、振動させてコントロールをする。

・咽頭

口の奥にある壁、鼻腔の下から食道と気管の入口までの部分。呼吸や発声、発音に大きく影響し、上咽頭、中咽頭、下咽頭の3つに分かれる。

〔上咽頭〕

口蓋垂の裏から鼻腔につながるまでの部分。

声帯の引き伸ばしに連動していて、声を共鳴させる。

〔中咽頭〕

口を大きくあけたときに見える部分。口腔内の共鳴、声帯の動きに影響している。

〔下咽頭〕

声帯と同様、感覚はあまりなく動きが分かりにくい。喉頭へとつながっている。

・気管

息の通り道。食道の前に位置し、喉頭から肺までつないでいる。

 

 

発声のときの各器官の役割、少しは確認出来たでしょうか^_^?

声帯の動きや共鳴の変化で、声の高さや低さ、響き、言葉の発音など様々な部分に影響があります!

自分で歌をうたう時に、是非意識しながらうたってみて下さい!!

また新たな発見があるかも?!

それでは、また次回ー(ノ´∀︎`)ノ*.゚

 

chika