はいさい♪

インストラクターのchikaです!!

今日は発声の器官について、説明をしていきたいと思います!

 

「歌をうたう」

身体から声が出る仕組みを皆さんは知ってますか?

声帯と喉の筋肉や器官、どんな動きをしているか、息がどこで声に変わるのか、仕組みを理解するだけで歌をうたうことへのあるイメージが変わります!

筋肉や器官を柔軟に保つことがとても重要です。

まずは発声の基本をマスターしてから、どんどんレベルアップしていきましょう♪

器官や筋肉の位置、形、役割りを確認して発声の練習に入るだけできっと悩みが解決する方向に繋がりますよ!

声は、吐く息が器官を通過するときに声の原音をつくり、その音が口の中の空間や頭の骨に共鳴して響きをつくり、声になります。

まずは器官の名称と役割を覚えていきましょう!!

器官の名称と役割

・鼻腔

・口腔蓋

・軟口蓋

・口腔

・舌

・口蓋垂

・喉頭

・声帯

・咽頭

・器官

発声にかかわる器官は、こんなに沢山あります!!

全て覚えるのは中々難しいですが、少しずつ理解していきましょう。

 

・鼻腔

鼻の奥にある空間で、声を響かせる共鳴腔のひとつ。

・硬口蓋

口の中の上にある骨でできた部分。アゴの骨、頭の骨の一部でもある。

力強い地声を出すと響きを強く感じる。

・軟口蓋

硬口蓋の後ろにあり、骨がなく軟らかい部分。

表情にも密接に連動していて、声質や言葉の発音などの調音に強く影響する。

・口腔

口の中の空間。舌やアゴの動きによって形や空間の広さが変わり、発音や共鳴など発声にかかわる重要な部分。

・舌

発音や声質など調音にかかわる。

舌は、声帯の動きと連動しているため位置がとても重要になる。

・口蓋垂

軟口蓋の後ろにぶら下がっていて、声に影響する働きはないが軟口蓋の動きによって形が変わる。

今回は、半分ご紹介しました!!

次回のブログにて喉頭と咽頭の器官をご紹介します♪

 

chika