こんにちは!elicaです。

今日はみなさまに、我らのフェスタバンドのベーシストであるノブさんが担当した「BASS マガジン9月号」の企画について、ご報告します!

どんな内容になっているか見てみましょう!!

ベース・マガジンとは?

リット―ミュージックという出版社から発売されています。

公式サイトは以下です。

https://www.rittor-music.co.jp/magazine/bass/

よく私たちがリハーサルで使用するスタジオにも置いてあります!

バンドマン向けの雑誌で、特にこの雑誌はベーシストに特化しております!

 

ノブさんとベース・マガジン

ノブさんはこれまでも、ベースマガジンの企画を担当しています。

例えば、この雑誌には毎号ある趣旨に沿った楽曲の楽譜が載っています。

ノブさんは、その楽譜の採譜や解説を担当しています!ちなみに採譜とは、楽曲を聴いて譜面におこすことです!

しかし今回は大型企画とのことで、ぜひみなさんにご紹介したいのです!

 

今回の企画って?

「リズムまる見え!〇〇ビート特捜部」

そうそう!知りたかったことがたくさん。

私たちもライブの前譜面を書くのですが、その際、どうやってその曲の拍やリズムをとらえたらいいのか悩むことが多いのです。

拍や小節、それから強拍や弱拍の定義、わかりやすく解説されています。

個人的には、4拍子の曲において強拍って小節の頭の1拍目にくるのに、リズムを意識するのって裏拍(2・4拍目)なんだよなぁ、不思議だなぁと思っていたところ、現在はそういう”バック・ビート(裏拍)”を意識した曲が多いとのこと。

納得!

 

そしてビートの種類の紹介がされています。

8ビート、16ビートからシャッフルやバウンス、もちろん6/8拍子も!

その他たくさんの知っておきたいリズムのことが、多くの人が聴いたことのある曲を例に挙げて解説されています。

 

楽しい!!

 

フェスタにも歌い手のメンバーさんが多いのですが、知っておくとお得なことばかりです。

私もレッスンでリズムを取り入れたプログラムを組むことも多いので、非常に勉強になりました。

 

そんな素晴らしいミュージシャンが支えてくれるライブがフェスタの自慢!!

「ベース・マガジン」ってその名の通り、音楽業界・ベース業界をまさに代表する雑誌であります!

そんな雑誌を担当するベーシストがこんなに身近にいるって、私にとっても大変嬉しいことです。

メンバーのみなさんはいつもリハーサルやライブでカラフルで優しいノブさんを目にしていると思いますが、並行してこのような活動もしているのですよ!嬉しいですよね♪

そしてそんなノブさんに演奏してもらえることも、誇りです♪♪♪

フェスタバンドは、ノブさんの他にも素敵なミュージシャンがたくさん!また随時その活動とともにご紹介していきたい!

 

「ベース・マガジン9月号」はサロンにも置いておきますので、みなさんも是非みてくださいね。

 

elica